頑固社会人がブログ始めてみた

等身大で日々の出来事や感じたことについて書きます

優しい人にはご注意を ~人間関係とは常に風前の灯~

本当は屋久島の話を連続で続けたかったのだが,どうしても書きたくなった。

 

同期の友人に勧められて性格診断をした。

けっこう当たるらしい。

無料性格診断テスト、性格タイプ詳細説明、人間関係およびキャリアのアドバイス | 16Personalities

 

www.16personalities.com

 

結果は擁護者。

読んだ印象としては責任感があり,人に優しい。時には自己犠牲を伴う場合もあり,感情をあまり表に出さないタイプ。自己謙遜をしがちで人に手柄を横取りされる場合もあるとのこと。

 

内容をみているとけっこう自分に当てはまる部分がある。

色々と楽しく話していた時だった。

手柄を横取りされるのは自分の権利を主張できてないからアホやんと冗談で言われた。

 

どうしてもピキッと来てしまった。抑えられなかった。

自分の生き方がアホと言われたように感じたからだ。

たった25年だが,生きたうえで培った価値観が馬鹿にされるのは非常に残念である。

もちろん相手に悪意はない。もちろんわかっている。

だが,価値観のずれは”存在するもの”であって”解釈するものではない”と思うのだ。

解釈をすると正負が生じてくるからだ。

 

どうしても抑えられないので一応言っておこう。

まず権利を主張できないということについてだが,”権利を主張しないのであって主張できないわけではない”ということを言いたい。

主張の有無は相手への好意と成果の大きさを天秤にかけて判断する。

 

それに,人に対して優しくできることと利用されることは違う。

絶対に覚えておいていただきたいことがある。

こちらは別に無償の愛をささげているわけではない。give and takeである。

何を受け取っているか?それは形としては存在しない。

相手の信頼を保険にかけているのだ。

普段優しい人を怒らせるなとよく聞くだろう。

 

感情を普段表さない分,相手の行動・性格は自分の中だけで処理する。

「この人は性格悪いな」とか,「そういうことを言うんだ」とか蓄積はされていく。

こういう蓄積は感情よりも強い。

 

本当に一瞬なのだ。蓄積がオーバーフローした瞬間に

”こいつはもういいや。”

どれだけ今まで仲良かったとしても,そこに感情は入らない。

診断結果にも,”親切な人には必要以上に親切な心で接し”と書いてある。

あくまで自分が相手を親切と認識したうえで成り立つ優しさである。

個人的にはもういいやと認定した人には情けはかけない。

それは拗ねているとかそういう話ではなく,その人に対する感情が無になるのだ。

 

これは常に思うが,親しき仲にも礼儀あり

人はどこで傷を負うかは分からない。

傷は癒えても傷跡は必ず残る。

 

だからこそ相手にも心から優しくできる。

傷つく痛みを知っているから。

その優しさを計算した優しさと呼ぶか気遣いの優しさと呼ぶかは個人次第だが,

僕としては”傷つくのがつらい”という共感に基づく,生物の本能的行為であると思うのだが・・・

 

屋久島のエピソードを連続して書けなかった自分が非常に情けないが,

皆さんにも共感を得ていただけたら書いた意味が出てくるというものである。

いざ屋久島へ ”関空~屋久島”

マスク2枚の配布でコロナが収まったら万々歳だな。

マスクによってはフィルタを帯電させてフィルタリングをしている物もあるらしいから水で洗浄したら効果がなくなる場合もあるので注意すべし。

 

暗い前置きはさておき,いつも通りいこう。

前回も述べたがこの前屋久島に行ってきた。

屋久島に行くことが決まった経緯についても見ていただけたら嬉しい。 

kshynkty.hatenablog.com

 

ここまでの流れとしては,

”色々あって9人で屋久島に行く”

 というものである。

 

ここまでの登場人物は下の感じである。 

f:id:kshynkty:20200330215202p:plain

これまでの関係図

さて,本題である。

9人のうち僕含めて5人と,残りの4人で別れて屋久島へ向かった。

 

"4人の経路"

関西空港(空港前泊)→[飛行機]→鹿児島→[フェリー]→屋久

 

関西空港で前泊をしてから向かったのだが,それまでも色々とあった。

 

新世界おじさん登場

僕とAは空港で前泊のために荷物番をしながらシャワーを交互に浴びていた。

シャワーが終わりサッパリしてAのところへ戻る途中,変なおじさんが近寄ってきた。

 

そのおじさんは僕をじっと見ているが何も言葉を発しない。

 

恐らく海外の人なのだろう。道を聞きたいのだろうか?

関西空港は初めてだから聞かれても困るな・・・

 

困惑しながらそのおじさんから離れようとしたが,

おじさんがさらに近づいてきたのだ。

少し恐怖を覚え,これ以上近づいたら相手を殴って逃げるしかない。

 

そう思った時だった。

急にそのおじさんの顔にピンときた。

そうである。同期Cだったのだ。

 

同期の顔ぐらいすぐ分かるだろうと思うかもしれない。

だが,Cは普段かけない眼鏡/マスク/ネックウォーマーまでしていたため,全くもってピンとこなかったのだ。

 

「すまん,普通にわからなくて知らんおじさんかと思った」

 

そんな会話をしながらAのところへ。

しばらくすると同期D, Eも集まり,ちょこっと晩酌を交わしながら話していた。

 

すると同期Cが突然始めたのだ。

同期C「ぎみだち学生?ごれからりょこうぅいぐんか?あぁ~,ええなぁ。」

僕「お前は新世界にたまにおるおっちゃんか?」

同期C「おっちゃんはなぁ,いっつもここでおるよ~。新世界言う~ても新しいもんなんてな~んもない!!新世界にあたらしいもんなんてな~んもないで!!」

同期A「やめましょ,Cさん。空港はまずいですって」

同期D「・・・」

同期E「へへへ」

 

文字の大きさは声の大きさである。

純粋にCは特徴を捉えたモノマネがうまいし,会話を回してくれる。

・・・周りの目さえ気にならない強者Cであった。

 

工事か?

晩酌も終えて屋久島に備えて寝る流れに。

 

f:id:kshynkty:20200331203334j:plain

さて,寝るか

ベンチで寝転がり,緊張と期待を胸にボーっとしていたときだ。

ズガガガガガガッ,ズガガガガガガッ

 

どうやら構内の工事をしているらしい。

くっそ,全然眠れねぇ・・・でもこの時間に働いているおっちゃんたちを思うと寝転べるだけ幸せか

 

夜中2時,3時くらいになってやっと静かになってきた。

そろそろ寝るかと思った時,

ズズズズズズズゥ,ズズズズズズズゥ

どうやら隣に寝ている同期Aの鼻と喉でも工事をしているらしい。

 

今度はこっちか~・・・寝るのをあきらめて起き続けることに。

あまりに暇で途中ガチャガチャをしてしまった。

f:id:kshynkty:20200331204655j:plain

戦利品

結局その日は1睡もできずなかった・・・

(その分飛行機で爆睡していた・・・)

 

 ピーチ7kgとの闘い

寝れなかった翌日のことである。

ピーチを使って鹿児島まで行ったのだが,ピーチには制約があった。

 手荷物が7 kgまでしか持ち込めないのだ。

 

みんなが大荷物を預け入れているときに僕と同期Eはもたついていた。

理由は簡単,手荷物の重量オーバーである。

僕はカメラの道具,同期Eは山で使用するガスバーナーの道具で7.0 kgを超えていた。

 

すぐさま預入荷物の方に色々と移動させて何とか6.7 kgへ。

同期Eを見てみると預入荷物にもう入らない様子。

仕方がないのでEの荷物を僕の預入荷物へ入れようとしたが,入る余地がない。

 

こうなれば荷物を身に着けるしかない。

 

履いていたクロックスを登山靴に履き替えて預入荷物内に多少のスペースを作った。

同期Eも6.5kg程度に収めてなんとか大荷物の預け入れも終えることができた。

 

初めのうちは同期Aも同期Dも笑いながら見ていたが,あまりに遅くて少し呆れていた・・・・

 

「お前ら帰国する時のバックパッカーかよ」

同期Aに言われて「えへへ,すまんすまん」と言いつつ周りを見渡す。

 

いない,同期Cが。

 

なんやねん,俺らよりも遅いやつおるやん

安堵しながらAにCの居場所を聞いたところ,待ちきれなくて先に入ったらしい。

 

そんなこんなでドタバタしながらもなんとか関空を出発できた。

 

 

 あ,しゃべりやすいわ

ピーチで無事鹿児島に着いた後,今度はフェリーへ。

屋久島の安房港というところまでは2.5 h程度だった気がする。

フェリーは二人掛けの椅子が並んでおり,僕は同期Dの隣へ。

 

同期Dは以前からおとなしくて優しいイメージである。

特に同期Cのお気に入り。もはやみんなのアイドルだろう。

ここで問題が・・・僕はCみたいにモノマネしたりネタを持っているわけではない

何を話そうかしら??

選択肢はいくつかある。

  1. 仕事エグくね?
  2. 以前行った蓬莱山楽しかったよね
  3. 屋久島楽しみだね
  4. 昨日寝れなかったわ。工事とAが原因で
  5. Dの持っている水筒,茶葉ごと入れられるやつだよね!

恐らく一番笑えそうなのは4番だろう。

インパクトは強いあまり画は良くないだろう。

そんなことを考えつつも結局5番以外全部話をしていた。

(5番は蓬莱山に登った時に言ってしまった)

 

Dがどんな話が好きか?どんな話なら気楽に楽しめるか?

あまり普段から話しているわけではないので多少緊張していたが,

いざ話してみたらめちゃめちゃ話しやすかった。

はじめは緊張していたが,打ち解けられたのが嬉しかった。

 

f:id:kshynkty:20200404064729j:plain

屋久島とうちゃ~く

やっと屋久島に到着~~

 

あと2回分くらいでなんとか屋久島エピソードを書ききれそうだな。

面倒くさがりな僕 × 面倒見の良い友人 = 屋久島旅行 ~屋久島旅行の経緯~

この前の連休のことである。

木曜日から仕事を休んで3泊4日で同期と屋久で登山をしてきた。

急遽行くことになったのではなく,去年の6, 7月頃から出ていた話である。

 

屋久島のエピソードがけっこうあるので、今回は屋久島での登山の経緯を書いておこう。

 

僕は山に登ること自体は躊躇しないが,人付き合いとか面倒な事は躊躇してしまう

そのため会社にあるワンゲル部はあまり参加せずにいた。

(部費は払っていないが年1回の参加を目標としたい!!)

 

そんな中,同期Aが聞いてきたのだ。

「なんでワンゲル参加しないの??」と。

理由は下の方程式で説明できる。

人付き合いが苦手な僕×幅広い年齢層が参加する登山=面倒くさい

 

そんな感じのことを言っていたら,Aが言ったのだ。

「なら同期で山登りしようぜ?屋久島とか行きたくね?9月とかどうよ??」

9月は無理だ。なぜならセミがいるから。

セミ嫌いを伝えたところ3月にしてくれるとのこと。

 

お,いいやん!行こうぜ!!

そうだ。僕は誘われるとすぐ「参加する」と言って,イベントが近づくにつれて面倒くさくなるタイプである。

でも、なぜか参加するとめちゃめちゃ楽しめるのだ。

 

しかし,幸か不幸か同期Aは行動力のあるやつで話がどんどん広がっていった。

同期の中で屋久島行く人を募り始めたのだ。

LINEでグループまで作ってくれていた。

 

同期Aとは勤務地違うのであまり屋久島LINEの現状を把握していなかったが・・・

久しぶりにLINEを見るとどうやら16人も集まったらしい。

 

僕「16人の企画なんてうまくいくのか?めちゃ多いな」

同期A「俺もそう思う」

 

~~時は過ぎ~~

 

12月頃

・・・いたのだ。俺と同様参加するとは言ったものの面倒くさくなった同期Bが。

Bに聞いたところ「飛行機を取り忘れてもういいや」と言っていた。

 

他のメンバーも休みにくい日と重なることがあり,キャンセルが少しずつ出てきた。

さらに最近猛威を奮っていたコロナの影響もあった。

屋久島に行くと会社で言っただけでコロナの心配をされ,リスクマネジメントを問われたらしい。

 

一方で僕の先輩は「お~,いいねぇ!!ぜひ楽しんできなよ」

ここまで個人の見方が変わるとおもしろい。

 

そんな感じで参加できるのは9人で屋久島に行くことになったのだ。

f:id:kshynkty:20200329103435j:plain

いざ屋久島へ

 

ぶぶ漬けでもどうですえ??

皆さんはこんなことを聞いたことがあるだろうか。

 

京都の人はあまりに図々しい態度で居座るとぶぶ漬けを出してくる

 

あまり感情を表立って出さない京都人を揶揄する根も葉もない噂である。

 

前置きはここまでにして,先日会社の同期4人で飲んだ。

牛角で焼肉を食べてほろ酔い程度になった(僕は車なのでノンアルコール)

4人で飲んだのが久しぶりということもあり,せっかくだし二次会へ。

 

どうやら最近できたらしいバーニャカウダー食べ放題のお店に行くことに。

僕以外の3人は一回は行ったことがあるらしい。

 

 席に着いたところ,お通しでバーニャカウダーが来た。

なるほど,食べ放題というのはこのお通しがおかわりし放題ということか。

 

バーニャカウダーだけを食べるわけにはいかずワインやソーセージを注文した。 

 

バーニャカウダーを食べすぎというわけではないが,ペースはかなり早かった。

4人で5回程度おかわりをした時だ。

 

友人Aが酔っぱらってワイングラスを”パリン”

お店の人がすぐにチリトリで破片を回収してくれた。

 

Aがトイレに行く途中である。

誤ってチリトリを蹴ってしまった・・・破片が隣のお客様の席に・・・

 

それでも店員さんがなんとか片してくれた。

 

そして僕たちは・・・・

何事もなかったかのようにバーニャカウダーのおかわりを頼んだ。

(僕とBは気まずさから,店員の顔を見れなかった・・・)

 

そこからしばらくバーニャカウダーが来なかった。

迷惑かけた上にバーニャカウダーを頼みすぎたか??

 

そんなことを思いながらも,催促するべく「すいませ~ん」と呼びかける

店員「はい,少々お待ちください」

 

そして出てきたのは・・・お会計

有無を言わさない雰囲気で会計だけ出てきた・・・

 

 

f:id:kshynkty:20200308202448p:plain

「これはやばい!!」とさすがに店を出た。

 

ふむ。現代版ぶぶ漬けというやつだろう。

 やはり,火のない所に煙は立たぬ・・・・ということか

はひ??それ違くない?? ~冷戦 早いバスはどれだ??~

やはり社会人にとって休日というのは格別なものだ。

起床に強制力がないだけでこんなに楽だなんて…

 

コロナの影響なんて会社には微弱なものであり,在宅勤務や時差出勤程度にしかなっていない。

毎日バスにのって会社に出社する日々は変わらないのだ。

僕は始業30分前にいつも会社に到着している。

そもそも条件を満たすバスの候補なんてせいぜい3つしかない。

 [条件]

 ・バスで座れる

 ・会社の最寄り駅まで行ける

 ・始業時間に間に合う

 

 [3つのバス候補]

 1. バスが遅れたら1/4程度の確率で遅刻するバス

 2. 始業15分前に着く無難なバス

 3. 始業30分前に着く早いバス

 

わがままな会社の同期Aに毎朝会うのが面倒なので僕は始業前30分に着く早いバスに乗っているのだ。

でも,たまに乗り遅れて同期Aに会ってしまうのが現状である。

 

戦争が勃発するきっかけは年始に起きた。

バスのダイヤが変更して、バスの候補が増えたのだ。

 

これで30分前に行かないで済む!!

そう思いながら新しく追加されたバスへ。

追加されたバスは残念ながら会社の最寄りのバス停には停まらない。

最寄り1つ前のバス停が終点で会社まで歩く必要がある。

 

Aと自分の時間-距離関係図を下に示した。

 

f:id:kshynkty:20200308195955p:plain

自分とAの時間-距離関係図

 

Aに会うのが面倒な僕は、Aよりも先のバスに乗り,最寄りの1つ前のバス停から会社まで毎日歩いていた。

ところがAに言われたのだ?

「なんで毎回早いのに乗るのか?歩くの大変だろう」・・・と

 

言えない。

「お前と一緒に行くのが嫌だ」なんて言えない!

 

仕方なく、

「こっちの方が早くバスに乗れるし、寝てても終点で起こされるから安心だしな。」

 

するとAが、

「べつに一緒のバスのとき起こさないって言ってないし。」となぜか不機嫌、、、

 

 実際、終点のバス停から歩いた方が会社には早く着く。

でも、たまに道路状況によっては10回に1回くらいはAの経路の方が早いときもある。

 

じつはここまでが前置きである。

事件は先日起きた。

たまたま俺はのんびり終点から会社まで歩いていたところ、最寄りで降りたAと出くわした。Aが言ったのだ。

「やっぱりこっちの方が早いね」

 

二点突っ込みたい。

1. 10回に1回の頻度でどや顔しているのはなぜ??

2. 出くわしてる時点で同時である。

どちらかが早いということはない。

 

Aはデータを取り扱うのが得意なはずなのに、なぜ例外の外れ値ばかりを抽出しているのか??何をもって早いということを言っているのか意味が分からない。

ははは・・・としか言えなかった。

 

2年目からはフレックスが認められるため,早くAとの時差出勤をしたいものである。

たまには真面目な話:コロナウイルス

 

コロナに関して色々と思うことがある。

 1. なぜコロナだけが注目されるのか

 2. なぜマスクをそこまで信頼するのか

 

 

1. なぜコロナだけが注目されるのか

”コロナやばい”と騒ぐ裏ではインフルが猛威をふるっている。

実際コロナよりもインフルの方が死者数は多いだろう。

ではなぜコロナが注目されている??

感染したら処置できずに死んじゃう可能性があるのが怖い!!

その感覚もわからなくはない。

 

だが,道歩いてたら車にひかれる可能性はあるし,飛行機に乗っても落ちる可能性がある。新幹線だって脱線事故は起きている。

これらのアクシデントだって,遭遇したら一発アウトだ。

なんならコロナより怖い。

 

 

2. なぜマスクをそこまで信頼するのか

そもそもマスクの役割は?

1. "口元の外への接触を防ぐ"

2. ”物質をフィルタリングしてマスク内部と外部の物質濃度を変える”

では,フィルタリングするうえで重要なのは?

そう,フィルタ径である。マスクのフィルタ径というのは用途によって異なる。

花粉用対策,風ウイルス対策PM2.5対策など用途が色々あるが,間違えると残念になる。

フィルタ径より小さい物質は素通りだ。

 

f:id:kshynkty:20200229024946p:plain

フィルタ径ミスってる~~

薬局でもコンビニでもマスクは在庫切れ。

何割の人がどこまで正しくマスクを使えているだろうか。

ちなみにだが,マスクはくしゃみや咳をしている人には有効である。

水分によって粒形が大きくなるため,マスク内部から外部への流出を防ぐことができる。

 

あまり不安を煽っても仕方がないが,マスクなんてその程度の物だと思う。

逆に言えば,安心感という気持ちで変わるなら,他の物でも良いのでは?

大切なのはしっかりと食事と睡眠をとり,体力をつけることだと思う。

 

あと1か月くらいはまだゴタゴタしてそうだが鎮まるまで辛抱だ。

コロナが流行るとトイレットペーパーがよく売れる??

今朝,テレビを見ていて衝撃が・・・

 

え?小中高に春休みまでの臨時休校を要請した??

 

共働きの家庭とか「そんなん急に言われても( ;∀;)」って感じだろう・・・

何より臨時休校にしたところで子供は遊ぶし外にも出る。

僕は台風で休校になっても友達と遊んでいた。

方策にあまり意義を感じない。

 

それよりなぜ,会社は休暇にならんのだ??

休みになればマジでしっかりと寝る!!一日中寝る。家からも一歩も出ない!!!

そんなわがままを言っても,休みにはならなさそうだ・・・

 

いよいよ本題へ。

どうやらコロナが蔓延していて,いろんな物が町中から消えている。

マスクをはじめ,なぜかトイレットペーパーまで・・・

コロナに踊らされているこの状況,なんとかならんのだろうか。

 

なぜコロナでトイレットペーパーが消えるのか

消えた経緯はこんなところだろう。

 

Aさんは最近のニュースを見てコロナウイルスを警戒して外に出ていない。

家にあるものだけでここ数週間耐え忍んでいる。

しかし,家にある物も少なくなってきた。

在庫整理をしているときに目についたものが・・・・プリンである。

「このプリン・・・賞味期限が半年前だ」

だが家から出ないと決めているAさんはついに決心する。

「食べちゃおう。どうせ賞味期限は目安だ。」

その判断が間違いだった。そう,翌日からお腹がピーヒャラ状態。

外には出たくないが食料も底を尽き,仕方なくマスクをしながら外へ。

総合スーパーへ行き,当分の生活に必要そうな食料を買う。

そのときに悪魔の音がお腹から聞こえた・・・・トイレへ直行。

運が悪いときはとことん悪いのだろう。

トイレットペーパーが途中で切れた。なんとかポケットティッシュで耐え凌ぐ。

トイレを済ませたAさんは思うはずだ。「家でもこうなったら困る。」と。

すぐさまトイレットペーパーを持てる最大限の3パック買った。

Aさんの姿を見た主婦のBさんにはフラッシュバックしたはずだ。

かつてのオイルショックを・・・そう,トイレットペーパーが消える惨劇を。

すぐさまBさんもトイレットペーパーを手に持つ。

帰納的にC,D,Eさんがそれぞれトイレットペーパーを手に取る。

Eさんのあとに何気なく来たFさんはびっくり。

「あれ?この棚だけ空っぽやん??」

トイレットペーパーのみがなくなっている商品棚が滑稽に思えて思わずツイート。「え?トイレットペーパーだけないんだけどww」

そのツイートを見てFさんのフォロワーGさんはびっくり。

すぐさま近くのスーパーへ行きトイレットペーパーを買う。

そしてツイートするわけだ。

「あ,うちのスーパーではまだトイレットペーパーがあった!!」

(当然だ。ただAさんがお腹を壊し,周りは勘違いしただけなのだから。)

ツイート内容の”まだ”という言葉が悪かった。いずれなくなるというニュアンスだ。

GさんのツイートによってGさんのフォロワーも急いでトイレットペーパーを購入。

日本各地でトイレットペーパーが減少。

現状に至るわけだ。

 

結論としては,焦る必要はない。

Aさんがお腹を壊しているだけなのだ。

 

コロナに踊らされずに状況を冷静に分析しよう。