頑固社会人がブログ始めてみた

等身大で日々の出来事や感じたことについて書きます

もしもアルコール消毒がない世界だったら

これは少し前に僕が夢で見た話である。

かなり印象が強かったのでブログに書こうと思っていたのだ。

 

その日は家族でご飯を食べるということで、なぜか魚民に来ていた。

現実世界では家族で魚民に行くことはないのだが、なぜかその時は祖父と祖母も含めて家族全員で魚民で食べることになっていた。

 

家族との待ち合わせは18時であり、僕が魚民に着いたのが数十分前。

予約もしていたらしく、魚民に入って名前を告げて席に案内された。

 

畳の広間に通されて、どうぞと促されて胡座で座る。座布団は特になく、仕方なくその場で胡座をする。

 

だが、それ以上に不思議なことがあった。

テーブルがないのだ。

 

周りを見渡すと他の人達はご飯を机で食べている。

あまりにふざけていると思い、店員さんを呼んで嫌味を言ってみる。

「ここの店はまずは机を注文するところから必要なんですかね??」

すると、

「恐れ入りますがお客様、コロナの関係で机はお客様自身で作って頂いております。お客様に作って頂いた机で食べて頂く限りは感染リスクも少ないですから。」と言われ、ノコギリを渡されて店の一角にある作業場に案内された。

 

言われてみれば店にはいってアルコール消毒をしていない。

夢というのは不思議なもので、感染リスク低減という理由に「あぁ、たしかにな」と納得してしまっていた。

 

そうして机を作っていると、家族がやって来て「あれ?今こんなシステムになってるのか」と皆驚きながら、

f:id:kshynkty:20211102230555p:plain

「なんで他の客はみんな机作れるのかね?」なんて疑問を口にしていた。

 

机を作ってまで外食したいとは思わないが、アルコール消毒がない世界だとこんなものなのかもしれない、、、

 

やっぱり机くらいなら5分でつくれるようにしないとね!!

コロナワクチン二回目 熱とだるさ

ブログの記事を書いて今回が記念すべき100本目にあたる。

その中身がコロナワクチンのことについてなんて,少し寂しい気もするがまぁいいだろう。

 

先週モデルナのコロナワクチン2回目を打ってきた。

 

10/10時点でのワクチン接種率は日本国内で64%なので,過半数はワクチン接種済みということになる。

ourworldindata.org

 

副作用の大きさは人それぞれということなので,皆さんの中には意外となんともない方もいるかもしれない。

私の場合は1回目接種後は全く副作用がなかったのだが,2回目では39.4℃の熱がでた。平熱が36.5℃なので体のだるさや筋肉痛などもあった。

 

一番きつかったのは,寝すぎによる腰痛である。

寝なければいけないのに,どんな態勢でも腰痛が収まらない。

冷えピタをおでこに貼り,保冷剤を脇にはさみながら安静にして2日間でアクエリアスを4L飲んでしまった。

 

なんとか接種した翌日にはだるさのピークは越え,接種した翌々日は微妙に残っている熱を抑え込むというような工程であった。

 

ちなみに研究者で周りにバイオ系(ただし微生物系なので詳しくはない)の方もいるので昼休みに色々と話していたのだが,

 

なぜmRNAワクチンという新技術をワクチンに使っているのかということを聞いたところ,mRNAという設計図を入れて自分の体をタンパク質の生産ラインにするから技術的に開発が楽なのではないかという回答があった。

これまでのワクチンでは不活化した病原体とか,弱毒化した病原体を利用しており,要するに病原体を体内に入れていたため,病原体自体を用意する必要があった。それに対して今回は設計図(ウイルスが侵入する際のSタンパクという部分)を入れることで自分の体を生産ラインとするので病原体を用意する必要がなくなったということである。素性がよくわからないウイルスを体内に入れる方が心理的ハードルもあるかもしれない。(*個人の見解です)

 

また,なぜ数日間も発熱するか話していたところ,純粋に設計図を入れているので体の中で作り続けているのではないかという仮説があった。(*個人の見解です)

 

2回打つ理由については,頻繁に体内に出現する物質に対しては体の免疫機能が高まるのではないかと話していた。(*個人の見解です)

 

実際mRNAワクチンを打たない方が良いということを言っている人もいるので何とも言えないが,少なくとも友人の解釈に納得したので私は打ってよかったと思っている。

 

ちなみに若い人の方が熱とか副作用が出やすいという話なので,年配の方は熱が出てすこし嬉しい人もいるとのこと。熱が出れば若い証拠というわけだ。

 

これだけ熱が出ることを覚悟して迎える熱は今後の人生においてはないだろう。

回復後に食べた業務スーパーのピザは世界一うまかった。

 

やはり一番の幸せは健康に暮らせることである。

体調悪いとせっかくおいしい物食べても満足度が減ってしまうだろう。

ワクチンを打っていないかたはぜひ普段のおいしい食べ物をより一層おいしく感じるために打ってみるのもいかがだろうか。

絶賛徹夜中のコーヒー中毒

今週のお題「眠れないときにすること」

 

今回はじめて今週のお題について述べる。

決して話題のネタが尽きたとか,日常がつまらないからとかそういう理由ではない。

ピッタリなお題であったため書く気になったのだ。

 

実は,昨日の夕方に2時間ほど昼寝をした以降,今に至るまで眠れていない。

昨日の夜は本当に頭が冴えてしまって眠れなかった。

 

普段は眠れないときにamazon primeでアニメを見たり,

技術雑誌を見て眠くなるまで読み漁っている。

 

だが,昨日はアニメを見ても雑誌を見ても眠くならなかった。

無理やり寝ようとしても寝れないので,リラックスをすることにした。

 

ということで,深入りの珈琲を飲むことに。

紅茶を飲む人のイラスト(男性)

・・・もう,そこから寝るというビジョンは見えなかった。

 

気が付いたら朝日が昇っており,仕方なく朝ごはんを食べて仕事へ向かう。

8時間以上仕事を行い気が付いたら今度は夜。

 

そうだな,眠れないときは仕事をするのが一番だな。

ワーカホリック・仕事中毒のイラスト

ここまで書いて気が付いたが,眠れないときにすることというより,,,,

コーヒーを飲んで寝れなくなったという方が適切だろう。

 

そして,懲りずに今もブログを記載しながらコーヒーを飲んでいる。

今晩は何をして過ごそうか。。

まだ木曜日の延長である僕にとっては,華金はこれからである。

 

後輩の議事録が携帯小説な件について

先日のことである。

 

僕には今年配属された後輩がいるのだが、

ついに後輩に会議の議事録を書いてもらうことに!

というより、A先輩から議事録書くように頼まれたらしい。

特にA先輩から何も聞かされてはいなかったので、

僕も内容だけメモして後輩君の議事録を修正することにした。

 

さすがに会議の内容を知らずには議事録は書けないだろう。

ということで、前情報で会議の背景と今回の目的を伝えておく。

 

内容はさすがにここでは言えないが、要するに相手先との情報共有である。

議題としては3つあるから、その3つに合わせてまとめれば良いとアドバイスもする。

 

後輩君も了承してくれて、頑張りますとのこと。

 

いざ会議が始まる。

会議とは厄介なもので、議題から逸れた話なんかも多くなり、

逐次メモするが、正直後でまとめるのが大変だと感じていた。

 

何はともあれ無事会議も終了して、後輩君に議事録を書いてもらうことに。

議事録のフォーマットは前会議での議事録をA先輩が渡していたらしく、

参考に書いてくれるとのこと。

 

参加者全員に回す前に一度議事録を見せてもらうことに。

 

ファイルを開いて上段に記載されている項目を見る。

(参加者名はテキトウ)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〇〇会議

日時:2021年9月・日

参加者:A沢さん、B本さん、C寺さん、D根さん、E崎さん

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

うん、特に問題はない。

続いてスクロールして内容を見ていく。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[会議内容]:

A「そういえばこの間〇〇さんと話したときにXXがこうでしたよね。」

B「あー、たしかに。」

C「◇◇についてはそうでしたが、XXについては異なったはずですね。」

A「そうですか。であれば、XXについては◆◆で進めてもらいましょう。」

 

・・・略

 

E「△△については改めて相談させてください。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人物の名前はイニシャルのみが記載されていた。

・・・なぜだ!?なぜこうなった???

 

思わず画面を見て表情には出さずに絶句する。

後輩君は苦笑しながら言っている。

「あの会議どうやってまとめれば良いかわからないんですよね・・・」

 

f:id:kshynkty:20210918200256p:plain

困惑する後輩君

僕はマジかと思いつつフォローする。

「内容の漏れはなさそうだし、よくメモできてたね。初めてにしては上出来だ。」

続けて、後輩君に聞く。

「ちょっとA先輩からもらった議事録フォーマット見せてもらえる??」

 

前回の議事録は一度見たが、会話口調にはなっていなかったはず。

A先輩が後輩君に間違えてファイルを渡したのかと思ったが、

後輩君から見せてもらった議事録フォーマットはやはり普通に議題毎にまとまっていた。

 

何がどうあって、議事録が携帯小説になってしまったのかは不明だが、

後輩君の初仕事なので自分で達成させてあげたい。

 

そこで僕は考えて

「たしかに、あの会議はまとめにくいよな。ただ、たぶん議題が3つあって、その3つに対して自由にみんなが発言してたせいだと思うから、後輩君の書いてくれた文章の中で僕が議題毎に色分けするから、議題毎に書いてみて。

また、前回の議事録を参考にしても携帯小説になってしまったということで、

「議題1個目については僕が書いておくので、2個目と3個目を書いてもらおうかな」と。

 

我ながら頑張ってフォローしたと思う。

うちの会社では新人は残業しないようにしている。

だからこそ、定時になったら後輩君は帰るのだ。

本当は議事録は当日に送りたかったが、まぁ翌日でもよいだろうと思って後輩君にがんばってもらうことにした。

 

16時半くらいになり、「A先輩から議事録できた??」と聞かれた。

(先輩も修正前の携帯小説を見て引きつっていた。)

後輩君に途中まで修正してもらった議事録を見せ、翌日には終わると伝えたところ

今日中に相手方とも共有したいとのこと。

 

できれば後輩君に仕事を達成してもらいたかったが、

恐らく定時には間に合わなさそう。

 

最終的に僕が議事録をまとめ直して送った。

 

今度こそは後輩君に決まったフォーマットでの議事録を書いてもらおう。

それにしても、携帯小説の議事録おもしろかったな~。

1個覚えたら1個忘れる鳥頭

土曜日に職域接種にてモデルナの1回目のワクチンを受けてきた。

職域接種の案内が会社のメールアドレスに来ていることや,

ワクチン接種した後日に体調を崩すことも想定して月曜日は在宅勤務予定にした。

 

そのため,当然金曜日の段階でPCを持って帰る。

今朝起きて持ち物や当日の流れを確認するために会社のバッグを見たときである。

 

・・・PCがない。充電器はあるのに・・・。

 

やってんなぁ!!

 

なんなら金曜日の帰りに後輩がPCを持って帰っている姿を見て,PCを指さしながら

「頑張るのも大事だけど,あんまり無理しないようにな」

なんて優しくかっこよく声をかけた後だったのに。

 

なぜ充電器だけ持って帰ってしまったのだろうか。

恐らく以前PCを持って帰ったときに充電器を忘れた経験を活かして

先に充電器だけは会社のバッグに入れたのだろう。

そして安心感からPCを忘れるという・・・

自分のボケを恨むも仕方がない・・

ということで普段の出勤よりも早い時間に会社に行って警備員さんい事情を説明してPCをとりに行ってきた。

 

f:id:kshynkty:20210905012031p:plain

ちなみにワクチンに関しては受けてから数時間しても特に腫れることもなく

今は少しだけ筋肉痛がある程度である。

なぜかワクチンを打ったら普段よりも元気が出てきたのでやはり体の芯から天邪鬼なのだろうな。普段の方が身体がきつい

 

2回目の接種怖いな~

先輩の策略~世の中は世知辛い~

後輩からいきなり,先輩って全然自炊しないんすよね」と言われた。

え?急に!?

 

「あぁ,あんまりしないかもな」と言いながら,困惑していると

「A先輩から聞きました」とのこと。

 

たしかにA先輩に僕は言った。

「なかなか一人暮らしって自炊するエネルギーないっすよね」と。

たまに,昼飯にラーメン食べて晩飯として残り汁にご飯いれて食べるとも言った。

 

でも,そんな情報をわざわざ後輩に言う必要あるのかね???

 

f:id:kshynkty:20210831224944p:plain

A先輩と話してるときに僕は言われたことがある。Z先輩は口が軽いから気を付けたほうが良いよと。

 

貴方も口が軽いと思いますよ???

 

そもそもA先輩と僕は仲が良いと認識すればよいのでしょうか?

なんなら僕はとある理由からA先輩から厄介者扱いされてる気がするし

正直僕はA先輩の心が読めないので人見知りを発揮している。

 

仲が良いというのなら普段僕からしか話しかけない状況はおかしいだろう。

 

もしA先輩が僕のことを可愛がってくれてて

仲が良いと言えるならその告げ口いじり行動もわからなくもない。

 

でも正僕はA先輩の考えが分からない・・・

なんならA先輩が色々と隠していることも僕は知っているのだが???

なるべく秘密を言わんようにしていたが我慢するのも正直しんどい。

もはや秘密を言わないことは純粋なボランティアである。

 

後輩から聞いた先輩による完全なるネガキャンをされた僕は笑うしかなかった。

別に料理するよ?厚焼き玉子とかも作れるよ??得意料理は煮物だよ??

家計簿もしっかりとつけるしぶっちゃけかなり家庭的だよ?

でもわざわざ言いはしない。堕落してるのも事実だし。

 

A先輩にはパスタ食べてるとは言ったけど,まさかそこまで言われてるとは思わなかった。

かなりショックだった。。

言うなら言うで,言える関係まで仲良くなろうよ。

そっちからも話しかけようや。

 

ただでさえムカついた日なのに,今日はさらにムカついた事があった。

社内で頼み事をしていた方からある情報を要求されて

論文を添付したら依頼先の上司から

「それは再配布してもいい資料なのですか?

あるいは会社としてライセンスとして公開する権利がありますでしょうか?

いずれもない場合はあなたの行為は著作権の侵害となります。」

 

うん。コンプライアンス的な観点では至極まっとうな意見なのだろう。

唯一情報開示を求めたのが指摘したお前さんの部下じゃなければ!!!!

 

こちらとしては情報開示を要求された挙句情報開示したら著作権侵害と言われる。

もはや斬新な新手の詐欺だろう。

f:id:kshynkty:20210831225002p:plain

こちらが研究という売り上げに貢献しない部門であることを逆手にとり,

あらゆる手ではめてくる。

 

非常に狡猾かつ残忍な手口である。

 

あーーーーーー,会社やめてぇ。

先輩の企み ~後輩と仲良くなろう作戦~

先週から僕に後輩ができた。

これは緊急事態である。

新人という肩書を失い,先輩という肩書になってしまう・・・

新人ということに甘えに甘えていた生活が・・・終わった(´;ω;`)

 

と言いつつ,良いこともある。

自分よりも優秀で生意気かとビクビク震えながら様子を見ていたが,

分野が異なるということもあり,今のところ素直でかわいい感じ。

 

僕は直接の指導係ではないのだが,席が近いこともあり,少しばかり面倒を見ている。

なかなか新人の頃って教わるばかりで何も教示できないので

先輩に対して申し訳なくなる場合がある。

 

そこで僕は後輩にPHSのアドレス追加について教わることで,

自分がマニュアルを探す手間を削減しつつ,

後輩が生意気得意げになれるというプランを考えた。

 

元々PHSは配布されており,社内のアドレス帳を登録する必要があった。

マニュアルもあるので,僕は配布された当初に一度アドレス帳を登録をしていた。

 

ただし,そのアドレス帳が途中で変更になり,更新が必要だったのだ。

タスクとしての優先順位はそこまで高くなく,1年ほどさぼっていた。

 

だが,せっかく後輩が来て一から設定をしているのだ。

この流れに乗じない手はないだろう。

 

ということで,「PHSの設定マニュアルを渡すからやってみて,

実は僕も更新できてないから,できたらやり方を教えていただけるかしら??」

後輩君を頼ってみた。

なかなか会社のシステムが難しいので,マニュアルを見ても分からない部分があったのだろう。「先輩,これって何ですか?」と結局駆り出されつつどうやら設定できたようだ。

そこで,今度は「おめでとう。そしたら申し訳ないけど,僕にも教えてくれ」

なんて頼みながら後輩君に教えてもらいながらPHSの設定をし終え,「ありがとう」とお礼を言う。

 

後輩君も教えた後に「なんか役に立てると嬉しいですね」と言ってくれたので,

これは作戦成功だろう。

 

恐らく後輩君は人づきあいも器用だし,優秀なので今後僕を越えるだろう。

なんなら既に僕より周りに馴染んでいるんだが!?

f:id:kshynkty:20210825233605p:plain

今の内に恩を売りつつ,可愛がれる立場のうちに可愛がっておこうという密かな企みを持つのであった。