頑固社会人がブログ始めてみた

等身大で日々の出来事や感じたことについて書きます

ティッシュを捨てたい妻と投げ返す僕の攻防戦

きっかけは,妻がゴミ箱に投げたティッシュだった。

ティッシュはいびつな放物線を描きながら,僕の足元にあるゴミ箱を通り過ぎて床の上に。

 

仕方なく僕はティッシュを拾い上げ,「ワンモアチャンス」と言いながら妻に投げ返す。

 

妻は一瞬「へ??」という顔をしたが,「う,うん」とすぐに納得してもう一度ゴミ箱に投げてきた。

再び外す。

入らないなら仕方ないか・・・

 

ゴミ箱に入るまで付き合ってやろう。

ということで投げ返す。

 

投げる

外す

投げ返す

 

5回くらい繰り返した時だろうか。

「違うの,ゴミ箱に入れてくれればいいだけなの」と言われる。

 

ここで僕は考える。

人生にはさまざまな選択肢がある。

ここで考えられる選択肢は2つ

・ゴミ箱にティッシュを入れる

ティッシュを投げ返す

 

今の状況を整理してみると以下のようになる

 

妻がゴミ箱に幾度となくティッシュを入れられない

ゴミ箱は僕の足元にあり,ティッシュは簡単に捨てられる。

 

状況的に考えると僕が捨てたほうが効率が良いだろう。

しかし,本当にそれでよいのだろうか?

 

もしここで僕が捨てた場合,妻はティッシュをゴミ箱に入れられないまま一生を過ごしてしまう可能性が出てくる。

 

人生において本当に貴重なのは達成したという経験である。

すなわち,ここで僕がゴミ箱にティッシュを捨てるのは効率は良いかもしれないが妻の達成の機会を奪うことになる。

本当に優しいのであれば,ティッシュをゴミ箱に投げ入れるという経験を積ませるだろう。

 

だから僕は一言いう。

「あぁ,俺優しいからな」

そう言いながら妻にティッシュを投げ返す。

 

妻は「優しいならゴミ捨ててくれればいいのよ」と言ってくるが,心を鬼にして待機する。

妻が再びティッシュを投げた時だった。

 

幾度となく投げられたティッシュは徐々にへなへなになっており、ふわりと広がった。

ティッシュの無駄使い

妻は「あー,もう重さが足りない」と広がったティッシュを拾って丸め,新しいティッシュを一枚取り出して元のティッシュをくるんで重さを補強する。

 

ここまでやるなら仕方がない。

僕も見ているだけでなく手伝ってやろう。

僕はゴミ箱を斜めにして,放物線軌道に入りやすいようにする。

 

結局,そこからも3回くらいは外していたが,最後には無事妻の投げたティッシュは僕の持つゴミ箱へ入っていった。

 

やはりこれが愛に基づく優しさというものだろう。

良いことすると気持ちがいいね!

 

休日の最高の過ごし方

先週は久しぶりに最高の休日を過ごしていた。

 

引っ越してからなんだかんだ毎週色々とやることがあったのだが、久しぶりに1人でのんびりする日。

 

10時に起きた後に日課の漫画アプリをのんびりと読む。

数話分×購読漫画数を無料で読めるとか本当に素晴らしい制度である。

 

そしてやって来ました。キラメキノトリ!!

引越し前は毎週食べに行っていた時期もあるくらい好きだった。


f:id:kshynkty:20220522231410j:image

にんにくとコショウの効いた味を口にした途端、一人暮らしのときの記憶がフラッシュバックしてきた。

何もよくわからないまま田舎に住み、

会社でもプライベートでも時間を持て余していた過去の自分。

毎日のやることもルーティン化して、

惰性で暮らしていたあの頃。

何か充実感を得るために土日の過ごし方を模索して山に行ったりデートしたり遠くまでラーメン食べに行っていた頃と比べると、今は充実感もあるし休みの日の過ごし方も体得してきた。

色んな成長を噛み締めながらまぜそばを啜り、お腹もいっぱいになった所で源氏の湯へ。


f:id:kshynkty:20220522231423j:image

昼間から入る銭湯ほど贅沢なものはない。

引越し前に買っていた回数券もまだあと2回あるので、また気が向いたらいつでも行ける。

 

もちろん、家の近くの銭湯も既にリサーチ済みではあるが、それでも源氏の湯は一人暮らしをしてから初めて癒しを見つけた場所なので特別感がある。

 

土日の夕方はちびっ子達が多いので狙い目は圧倒的に昼間である。

(どうせそのうち朝風呂してこそ銭湯の良さがあるとか言い始めそうで怖い)

 

体も弛緩した所で家に帰って平日に向けてゆっくりと時間を過ごすのが最高の休日であると改めて感じた。

 

優里の「シャッター」を女々しくない歌にするために

みんなは、優里のシャッターという歌を聞いたことがあるだろうか??

僕はあまり歌詞は聞いておらず、優里が「ッシャッタ〜」というときに少し吉幾三風に聞こえる響きが心地良いので好きである。

 

奥さんは優里の曲を聞くと「優里の曲は未練がましいし女々しいから嫌や」と言う。

 

たしかに歌詞にこんなフレーズがある。

「シャッターを切る時間も君に触れていればよかった。全ての時間を君だけに使えばよかった。」

 

どうやらここに違和感があるらしい。

「そもそもシャッターをきる時間よりも全然無駄な時間があっただろうに,

敢えて短いシャッターをきる時間を引き合いに出すこと自体が考え方が変だと。

しかもその時間を全部君に費やすとか暇かよ」とのこと。

 

だが,こう考えたらどうだろうか??

カメラの露光時間が非常に時間がかかった

 

どうやら世界初のカメラとかだとたしか露光時間が8時間必要だったとか・・・

以下引用である。

感光材料(光を感じて記録できる材料)による撮影(さつえい)が実現したのは、19世紀に入ってからでした。1826年、フランスのニエプス兄弟がカメラ・オブスキュラを改良し、道路ほ装の材料として使われるアスファルトを感光材料にして、およそ8時間もかけて1枚の写真を撮影(さつえい)しました。その後の1839年には、フランスのルイ・ダゲールが、銀メッキした銅板を感光材料として使う「ダゲレオタイプ」という技術を発表しました。これにより、露出(ろしゅつ)時間は30分程度に短縮されました。

global.canon

 

もし仮にこの歌の主人公が初期のカメラしか持っていなくて

シャッターをきる時間が8時間あったら,それはデートしてる中で一番長い時間を占めるのではないだろうか。

 

彼女は8時間座り続け,彼氏はポジションを固定するために8時間離れ離れになる。

デートをしても写真1枚でほぼ終わる。

これなら,「シャッターを切る時間も君に触れていればよかった。」

このフレーズの意味も分かるだろう。

 

「棚の上に置いたカメラじゃ映せない物が君と僕の間にあってそれに気づけなかった」こんなフレーズもある。

心の障壁なんていう曖昧な解釈ではなく,こんな解釈もできるのだ。

8時間じっとしていないもの

たとえば,造形物や自然環境の中でも虫などは写真に写せないだろう。

また,花火大会で2人で自撮りをするときには花火を間に挟んでシャッターを切る場合もあるかもしれない。

当然8時間も待ってくれない。

 

 

歌の解釈は多様にできるが,女々しいと一蹴されるくらいなら

違う解釈でとらえるのも良さそうだ。

つまり,僕の解釈によるとこの歌は一言に尽きるのである。

デジカメを買いたかった

歯磨き粉の味って何味が好き??

先日,歯科の定期検診に行ってきた。

できる限り歯を削らない方針の歯医者なので好きなのだが、わりと厳しい部分もある

 

・治療時間は1人30分で遅れた場合は処置が少なくなる

・定期検診の予約は3ヶ月前に決定される

・無断で休んだ場合に出禁になる

 

なんてことはない、

「診てもらうなら当然のマナーだよね」

といういわゆる暗黙の了解をしっかりと記載している。

 

ルールはしっかりしている分、ここの歯科の先生はすごく丁寧な方で、治療の内容をとてもわかりやすく説明してくれる。

 

ただ、今日はいつもの男の先生ではなく女性の先生だった。

ものすごい大雑把な説明も早々に、

すぐさま歯のクリーニングが始まった。

 

歯医者あるあるだが、口を開け続けるのが非常にしんどい

いつもの先生なら途中で休憩を挟んでくれるのだが、女性の先生は手を止めてくれない

「しんどいけどもう少しですよ〜」

、、、この言葉を合計3回言われた。

 

さすがに3回言われるなら1回くらい休憩を入れてくれても良いと思うのだが笑

 

やはり女性はたくましい。

なんとか治療も終え、待合室で座っていると

 

スタッフさんが小さい子に質問をしている。

スタッフ「 歯ブラシ何色がいい??青、緑、ピンク」

こども「ピンク!!」

心和むほのぼのとしたひと時である。

スタッフ「歯磨き粉は何味がいい?いちご、もも、ぶどう、レモンティー?」

 

いちごももぶどうレモンティー、、、レモンティー??

 

 

急に大人びたラインナップ!!

レモンでもなく、レモンティー

 

気になる子供の答えはぶどうだった・・・

果たしてあの子はレモンティーを理解してのぶどうだったのだろうか

あるいは、いちご、もも、ぶどうの3択で選んだのだろうか??

 

定期検診をしていればそのうちレモンティーを選ぶ場面に遭遇できるのだろうか

映えを追求するゾンビ

先日,写真撮りをしてきた。

ということで、写真スタジオの話である。

奥さんの化粧を待っている間、

女性スタッフ3人の話し声になんとなく耳を傾けたところ、

 

「·····だとおもう。」

「いや、自我ないんじゃないですかね」

バイオハザードとかだと·····」

 

どうやら、ゾンビは自我があるかないかを結婚写真の編集をしながら議論している。

「自我のあるゾンビだったらこんなことしてないし、自我なくてもこの作業はできないか」

 

推測するに、

写真編集という終わり無き仕事をゾンビ化したら永遠作業をし続けられるという話なのだろう。

 

ものすごく楽しそうな職場環境ではある

 

「なんの話してんねやろ」とスタッフの1人が我に返ったところで、クリエーターというのはやはり色んなシチュエーションを考えるらしく

 

ここで強盗がきたらどう逃げるかとか、

バスジャックされたときにどうするかとか、

包丁を持ってる相手にはどう立ち向かうかということを話していた。

 

ちなみに、写真を撮り終えた後の説明を受けた際、どうやら撮った写真500枚近くを編集するらしい。

そら、ゾンビにもなりたくなるわ笑

 

 

車中泊がしたいんじゃ~~~

最近,車中泊を行っている人達をyoutubeでよく見る。

車中泊というと,やむを得ない事情がある人が行うイメージがあったかもしれないが

最近では車の中をカスタマイズしたり,あるいは家自体を車の上に作る人もいる。

 

家にこもるのも飽きて,外にいながらもプライベートを確立しようとした人が増えたのだろうか。

あるいは,車中泊している方の数は変化してないが,自分が車中泊という行為に注目するようになったのが最近だったという可能性もある。

 

ほのぼのではありつつも,少し日常から離れて自然を感じるという良い気分転換にはなるだろう。僕がわりと見ているyoutubeチャンネルがある。

 

軽自動車を車中泊用にカスタマイズしている「Dentan」さん

www.youtube.com

 

こっちは軽トラの上に家を作っている「旅する家の物語」さん。

www.youtube.com

 

どちらも見ていて非常に心が落ち着くのだ。

たぶん,youtuberとして情報を提供する形式ではなく,

車中泊ライフを垣間見るという形式が好きなのだと思う。

 

これを見ていると,自分も車中泊をしたくなる。

・・・ということで先週車中泊をしてみた。

 

ただ車中泊をするといっても,当然だが車中泊をする場所を選ばないといけない。

ということで,車中泊が可能な場所について調べてみると,

どうやら何個か候補がありそうである

  • RVパーク
  • オートキャンプ場
  • SA, PA
  • 道の駅

 

RVパークについては初めて耳にしたのだが,日本RV協会というキャンピングカー普及のために発足した法人が認定した車中泊専用駐車場ということらしい。

 

「物を売りたければ,物の売れる環境を整えろ」という精神である。

そういえば日本でもFCEV(燃料電池自動車)の話がありますが,水素ステーションがなさすぎて本当に普及するのかという話もあるが・・・

環境整備は難しい・・・・

 

話はズレてしまったので話題を戻す。

車中泊した段階では知らなかったのだが,国土交通省の判断的には

車中泊による宿泊が公認なのはRVパークとオートキャンプ場であるとのこと。

SA,PA,道の駅はあくまで仮眠という形での車中泊なら可能とのこと。

 

ただし道の駅利用者のマナーが悪いために車中泊が禁止になる場所が増えているのも事実らしい。たしかに,無料で何日も居座ったり,他の利用者が使えないような場合は明らかに迷惑だし納得である。

kuruma-news.jp

 

ということでやっと本題だが,今回僕が仮眠をとった場所は奈良県吉野郡にある道の駅 「吉野路黒滝」である。

オートキャンプ場とかはキャンプガチ勢がいた場合にみじめになりそうなので

初めての車中泊は道の駅にすることにした。

 

 

ということで,先週金曜日の仕事行く前に急いで支度をする。

と言っても,車中泊に必要な道具とかは特に持っていないので寝袋と毛布,サンダルだけ持って行く。

 

なんとか仕事を終え,車に乗り込んでそのまま黒滝へ。

お腹もすいたので途中でカップ麺を食べる。

やっぱり車の中で食べるカップ麺は最高だ。

f:id:kshynkty:20220410095131j:plain

さらにさらに,道の駅で食べる用のマックも購入。

倍チキチーと倍ビッグマックを購入。

ジャンクフード祭りである。

f:id:kshynkty:20220410095314j:plain

 

夜の道は空いているし,金曜日の夜ということもあって気分はウキウキ。

山道の中にある道の駅なので運転に少し不安もあったが、意外と街灯や反射板があったので特に事故とかの問題もなく0時前には到着。

 

でも、夜歩いてる人を見かけたら不審者かと思えるくらい静かな街並みではあったので、やはり夜道は注意が必要だろう。

 

道の駅に着いたものの当然明かりはほとんどなく,自販機や街頭くらいしかない。

f:id:kshynkty:20220410094946j:plain

ただ、自販機の隣にトイレがあるのだがめっちゃ綺麗だった。

恐らく、登山をする方たちがよく利用するからなのか,かなり綺麗でウォシュレットもついていた。


f:id:kshynkty:20220412220401j:image

でもあるんだよな〜

こういう落書きが、、、
f:id:kshynkty:20220412220501j:image

いくら好きだからってトイレで約束された関係なんてむしろ一生の 汚物 汚点でしかないと思うのだが、、、

 

トイレに残されたダイイングメッセージはさておき、街灯に照らされて夜桜がめっちゃ綺麗だったので、これだけでもものすごく来たかいがあった。

f:id:kshynkty:20220410094748j:plain

しかもこの道の駅の駐車場裏には川が流れているため、夜桜とともに川の音を楽みながらマックを食べる。

 

幸せという言葉を具現化した行動だと思う。

さすがに夜遅くまで出歩くのも危ないので、早々に車の中でパジャマに着替えて寝ることに。

 

車のシェードがないので、 翌朝は朝日によって7時くらいに起床。

やはりコンパクトカーは車中泊には向いていない。というのも、シートを倒しても完全にフラットにはならないのである。

やはり、これはマットを買うなどの対策を講じた方が良さそうだ。

 

目標とする黒滝の湯が12時から営業なので、5時間くらい持て余すことになる。

まずは明るくなって景色が昨夜とは変わった道の駅を探検することに。

f:id:kshynkty:20220412221034j:image

ここの串こんにゃくがおいしいという評判であるとのこと。

1口かじってしまったが、普通にこんにゃくとして美味しかった。
f:id:kshynkty:20220412221443j:image

朝の道の駅もすごく桜で綺麗である。

f:id:kshynkty:20220416003553j:plain

 

道の駅を探索し終わった後も時間を持て余し,何をしようかと悩んだ結果、amazon prime videoで前から見ようと思っていたファンタスティックビーストを見ることに。

以前の話だが、1作目の方がレンタルで2作目の方が無料公開されていたために、間違えて2作目から見てしまって全然話についていけなかったことがあり、ずっと見たかったのだ。

kshynkty.hatenablog.com

ついにファンタビの待望の第1作目を吉野の道の駅の車の中で堪能することにした。

 

途中近くのヤマザキショップでコーヒーを買ったりとのんびり映画を見終わったところで時刻は9時半。

 

さすがにやることもなくなったので、

11時からやっている吉野付近の温泉がないか検索したところ、こんな記事を見つけた。

onsen.nifty.com

 

この秘湯という言葉や、源泉かけ流しという言葉はズルい。

そんなの聞いたら行きたくなるだろう。

しかも、11時からとすこしだけ温泉に入るのが早くなる。

 

すぐさま道の駅を出て行こうとした時だった。どうやら奈良県ではこの時期交通安全強化を行っているようだった。

道の駅の「止まれ」の前で警察が待機していた。

怖い怖い、、警察ってのは桜で浮かれたカモ達で点数を稼ごうとしている。

 

見せつけるように一時停止を行い、道の駅を出て行ったが、温泉に向かう道を確認しなかったのが誤りだった。

4月9日だったのだが、10時くらいの国道169号である吉野へ向かう道はお花見目的地の駐車場目当ての車で渋滞していた。

f:id:kshynkty:20220416004041j:plain

169号線には臨時駐車場が何個か設営されるようだが、全部埋まっているらしく、駐車場待ちの車は道を行ったり来たりしていると思われる。

 

今回僕が行こうとしていた秘湯、入之波温泉は道の駅黒滝から吉野の道を通って川上町へ向かう必要があり、なんだかんだ渋滞で20-30分くらい遅くなってしまった。

 

しかもこの秘湯、どうやら本当に秘湯になってしまったようで、旅館に向かう途中の道が3/22に土砂崩れで封鎖され、ほぼ一通の広さの道を7km程度運転する必要があった。

 

常に譲れるスペースを探しながら対向車が来ないことを願いながら7km程度グネグネした道を行ってやっと温泉に辿り着けるのである。

 

なんだかんだ渋滞と細道によって温泉についたのは結局12時。

f:id:kshynkty:20220416001609j:plain

 

ちなみに,旅館の周りは特に何もない

(旅館に向かう道の途中で旅館を撮影)

f:id:kshynkty:20220416002913j:plain

↑右端に見えている建物が旅館

 

当然プロパンガスのボンベである。

f:id:kshynkty:20220416003110j:plain

f:id:kshynkty:20220416001630j:plain

f:id:kshynkty:20220416001643j:plain

わりと中は一般的な旅館で,少し古びた感じも出ている。

f:id:kshynkty:20220416001706j:plain

細道のせいで流した冷汗を温泉で拭う。

 

入之波温泉 山鳩湯|奈良県観光[公式サイト] あをによし なら旅ネット|川上村|吉野路エリア|温泉|温泉・宿泊

浴槽の写真は奈良観光公式webサイトのものだが、

この入之波温泉、浴槽がカルシウムの析出によって鍾乳洞のような状態で、めっちゃ雰囲気があるのだ。

 

ただ、お湯の温度はかなり低く感じた。

源泉かけ流しというとかなり熱いお湯が出てくるイメージだったのだが、どちらかと言うとじっくり浸かっていてものぼせないくらいの温度であった。

 

湯上りに1杯と思ったのだが、、高い!!

ここは富士山か??と思ったが、そういえば秘湯だった。

f:id:kshynkty:20220416000756j:plain

こんなことなら飲み物持ってくれば良かったと思いながらふと横を見るとどうやら対策済みのよう。

f:id:kshynkty:20220413110604j:image

この旅館やりおる。


f:id:kshynkty:20220413110705j:image

どちらにせよ僕は今回何も持ってきてないのでサイダーを購入。

風呂上がりのサイダーはたまらん。

 

その後はまたのんびりとドライブをして

国道169号線の吉野の道を再び通って帰路につく。

驚きなのは入之波温泉に行ってから2時間くらい経過しているのにまだ吉野の道が混んでいるのである。

渋滞で暇なので周りをみながら運転していると、、

強烈なインパクトの建物に遭遇した。
f:id:kshynkty:20220413230511j:image

(運転中写真が撮れなかったのでGoogle mapより参照)

 

「療養型病床 たらちね」

古文でたしか、たらちねの母という言葉を習った気がする。

ここで言うたらちねとは乳が垂れている様子を表していると習った。

イメージ的にはこういう建物には若葉とか青葉とか明るい名称をつけると思うのだが、、

たらちねという言葉を付けるなんて療養、改善させる気ないと思ったのだ。

(どうやら、今調べてみるとどうやら「たらちね」は現在では母親、父親の意味が強いらしい。)

 

渋滞の中で感じていたことがある。

長浜ラーメン食いて〜

 

実は黒滝の道の駅まで行く途中に4軒くらい目にしていて、帰路もまた見ることを考えると、さすがに我慢できないかった。

 

家から1番近い長浜ラーメンの店に入って煮卵ラーメンを注文。

正直、煮卵は酷かった、、

f:id:kshynkty:20220416001001j:plain

形状が崩れて冷たく、

冷蔵庫で潰された煮卵であることが一目瞭然だった、、

でも、帰り際には次回煮卵トッピングが無料になるサービス券をいただいたのでそれは嬉しかった。また行こうかな。

 

お腹も満たせたので、残りわずかな家路をゆくことに。

車間距離の関係なのか、2台前に警察車両がいるからなのか、なぜかバイクが僕の車の周りで信号待ちを行うのだ。

一時は僕の車にボディガードがついたのかと思うほど、5台ものバイクが車を取り囲んでいた。と言っても、バイク同士ですら全員他人なのだが。

偉人になった気分でドライブをして家まで帰り、家でゆったりと緑茶を飲む。

 

控えめに言っても最高の土曜日だった

またたまには遠出して見知らぬ場所で車中泊をしてこようかな。

車中泊の良い点は,土曜日に気合を入れて起きる必要がないのと,

夜中に行ってるので,朝起きて未知の世界にいれることである。

 

f:id:kshynkty:20220416004142j:plain

f:id:kshynkty:20220416004156j:plain

 

良いお花見車中泊でした!!

 

見かけの仕事は作れる

仕事に向かう途中の桜並木に癒されながら春を感じている今日この頃,

心穏やかならぬことが起きている。

 

といっても,去年くらいから自分の中で色々と疑問がわいていた。

詳しくは言わないがいわゆる高等遊民的思考である。

・なんのために生きるのか?

・なにを目指して仕事をするのか?

・自分のやりたいこととはなんなのか

 

こんなことを考えていたが,それに拍車をかけるようなことが起きている。

というのも,会社でよくわからん仕事を押し付けられているのだ。

プロジェクトを立ち上げろと。

響きだけ聞くと良いのだが,よくわからないのは既存のプロジェクトBを分割してプロジェクトB"およびプロジェクトEの2つに見せかけようとしていること。

そもそもなぜこんな変なことが起きているのかというと,話は半年前に遡る。

 
<半年前の状況>
  • 課の仕事は相変わらず少なく,既存のプロジェクトは2つ

  (プロジェクトA,Bとする)

  • プロジェクトAがもう少しで終わりそう
  • ネタを探しを開始した(プロジェクトC)

ネタ探しについては,課の存在意義を上層部から問われ始めているので,

ネタ探しとしてのプロジェクトCを半年間実施した。

どうやら,ネタ探しを終えたあと,少し空白の期間があってから見つけたネタによるプロジェクトDを立ち上げる必要があるらしく,3カ月間仕事がなくなる作業員がでるとのこと。

 

そいつの仕事を確保するために,プロジェクトBを2つに分けたいとのことらしい。

2つに分けることによる効果は3つある。

  1. 仕事がなくなる作業員の作業時間を確保できる(主目的)
  2. 課の仕事量が見かけ上増える
  3. プロジェクトBでかかるお金が見かけ上半減する

 

理由には全く賛同できないが,例のごとく真似ジメント課長が相談という名の決定を行ったため,プロジェクトBの内容が減り,プロジェクトEができることになった。

ちなみに真似ジメント課長については下記参照である。

kshynkty.hatenablog.com

 

このプロジェクトEを任されたのが僕なのである。

このプロジェクトE,プロジェクトBの雑用の集まりなので研究要素はあまりない。

にも関わらず,プロジェクト内容に研究要素がないとケチをつけられる。

この時点でわりと怒りを感じていたものの,無理くり進めていた。

 

<現在の状況>
  • 既存のプロジェクトは3つ(プロジェクトA, B", C)
  • プロジェクトCの中でネタを探したが,プロジェクトDになりそうなものがなく,ネタ探しを延長が決定した

プロジェクトCが長引いた結果,そもそもの発端である

仕事がなくなる作業員の作業時間を確保できるのだ。

 

f:id:kshynkty:20220403214540p:plain

 

さて,その状況で僕は真似ジメント課長にプロジェクトBを分ける必要があるのか伺ったところ,当然のように以下を言われた。

「え,プロジェクト起こす計画だったよね??」

 

まぁ,その通りではあるが,敢えて聞こう。

なんのためのプロジェクトだっけ??

そして聞こう。

誰のせいでプロジェクトEを起こすことになり,

誰のせいでこのプロジェクトCが長引いているんだっけ??

 

なにを隠そう新ネタ探しのプロジェクトCについては課の存続をかけて課長が主導していたのだ。

すなわち,課長の課長による課長のためのプロジェクトCなのである。

そしてそのプロジェクトCに振り回されて起こさざる負えなくなったのがプロジェクトEである。

 

なんとかプロジェクトBのリーダーのサポートの下で

プロジェクトEを立ち上げる準備を行っているが,やはり納得がいかない。

 

そんなこんなで,僕はもはやなんのため立ち上げるか分からん仕事を立ち上げる。

今後も人の作業時間を確保するためだけの仕事を会社の金で作っていくのだろう。

虚構でもなんでも作ってやるよ,なんせメーカーですからね。